校長DIARY
1月24日(月)
 本校は欠席を減らすため、愛知教育大学の鈴木伸子先生の指導の下、温かい学級にするための取組を行っています。先週の21日に2年生を対象に、仲間のよいところを出し合う授業をしました。友達のよさを互いに教えたり、認めたりすることで、子供たちはとても嬉しそうでした。
1月21日(金)
 先週の土日に行われた大学入試共通テストの難化が話題になっています。私は、この話題を聞いた時に、やはりそうなったかと思いました。それは今、学校教育の根幹である学習指導要領が求めているものと今回の共通テストの問題がリンクしているからです。ただ単に公式にあてはめれば答えられた問題から実生活の事象をどんな方法で理解したり解いたりしたらよいかを見出す力も必要な問題に移行してきたからです。実際に、小6と中3が数年前から検査している全国学力学習状況調査の問題は、今回のような共通テストの問題に類するものです。大学入試にもこの傾向が色濃く出てきたことは、現在の学習指導要領が求めている力を事実上広く世間に公表したことになったと捉えています。
 
1月20日(木)
 今日は、名古屋女子大学の堀部先生にご来校いただき、特別支援教育の指導をしていただきました。名古屋女子大学とは特別支援教育の推進で本校と共同研究をさせてもらっています。今回で3回目になりますが、職員に個々の子供たちに適切な支援をどうしていくかを具体的に指導してもらっています。
1月19日(水)
 今日は愛知教育大学の先生と学生さんに5年生対象でプログラミングの出前授業をしてもらいました。深く研究している方から直に教えてもらうことは、子供たちにとって新鮮で、興味深く、どんな疑問に対しても的確に答えてくれるので、とてもよい学びの機会になると思いました。
1月18日(火)
 今日の新聞に愛知県も21日から新型コロナウイルスの「まん延防止等重点措置」が適応されそうだという記事が載っていました。最近、みよし市も10人を超える感染者数が報告されており、大変心配な状況です。児童の健康を第一に考え、本校も予定していた行事を変更していきます。ご迷惑をおかけしますが、ご理解とご協力をお願いします。
1月17日(月)
 27年前の今日、午前5時46分に阪神・淡路大震災が起きました。この震災で6千人以上の方が亡くなり、今朝、私も時報とともに黙祷をさせてもらいました。愛知県もこの地震で震度4を記録し、丁度27年前の私は出勤の準備をしているところでした。大きな横揺れだったため、妻は生まれたばかりの息子を、私は2階で寝ていた幼い娘を助けに行き、娘を抱いて避難しようとしていた時に、娘が「お父さん、助けに来てくれてありがとう」と言ってくれたのが今でも心に残っています。奇しくも明日は避難訓練を行います。災害が起きた時に冷静で適切な判断をするには、何度も訓練を真剣に行い、その都度、判断と避難方法の更新をしていくことが大切です。この積み重ねで三吉小学校の子供たちの命を守り抜きたいと思います。
 
1月14日(金)
 新しくなった職員室です。壁や家具などが白基調になり、とても明るい部屋になりました。照明も新調され、照度も高くなりました。古かった先生たちの事務机と椅子も新しくなり、事務作業もはかどります。廊下側の窓だったところは、大きな棚が付けられ、多くの職員図書が収納できるようになりました。
1月12日(水)
 これから不定期に改修された校内を紹介していきたいと思います。まずは、校長室です。まだ照明の部品が入らず、未完成ではありますが、暗い色調の部屋から白い壁になり、明るい雰囲気になりました。また、造り付けの家具が新調され、図書や文房具を入れて、効率的に事務ができるようになりました。
1月11日(火)
 今日は、書き初め大会を行いました。12月中旬から授業で、冬休み中は家庭で練習を重ねてきたため、みんなとても上手に字が書けていました。また、どの子も心を落ち着け、集中して取り組んでいる姿に感心しました。これからも日本伝統の行事を大切にしていきたいと思います。
1月7日(金)
 新年あけましておめでとうございます。令和4年も三吉小学校をよろしくお願いいたします。子供たちは、冬休みを終えて元気に登校して来ました。冬休み明け集会をハイブリットで行う予定でしたが、機械の不具合で急遽、全校フルリモートで行いました。もうリモートには慣れていますので、急な変更も慌てることなく集会を行うことができました。集会で令和4年の目標を発表してくれた代表の子供たちは、堂々とカメラに向かって苦手を克服しようと意気込みを話してくれました。私も全校に「どんな年になろうとも、負けない」という今年の抱負を話しました。今年も限られた範囲での教育活動になると思いますが、子供たちと知恵を出し合い、前向きに楽しく学校生活を送りたいと思っています。
 
12月23日(木)
 今日は令和3年最後の登校日です。二学期制のみよし市は学期末ではないので、終業式でなく冬休み前集会を行いました。冬休みは、クリスマスやお正月などプレゼントやお年玉をもらうため、気持ちが大きくなり問題行動が起きやすい時です。学校で事前指導を行いましたが、ご家庭でも気を付けていただけると有難いです。
12月22日(水)
 昨日から明日までの3日間で、子供たちの下校後、改修された職員室と校長室の引っ越し準備を全職員で行っています。引っ越し後のレイアウトを考えながらの梱包なので、とても頭を使います。しかし、私以外の先生方は頭が冴えていますので、とてもテキパキと作業を行っていました。
12月21日(火)
 今日は2年生が1年生を招いての「おもちゃ祭り」が行われました。ゲームや一緒に遊べるおもちゃを作ったり、説明文を考えたりして2年生が準備を進めてきました。その甲斐あって、1年生の子たちもしっかり説明を聞いて、楽しく遊べていました。2年生も立派なお兄さん、お姉さんに成長しました。
12月20日(月)
 今日は子供たちの下校後、今年度2回目のエピペン講習会を行いました。今回は食物アレルギーのシミュレーションを行い、本番さながらの訓練をしました。実際の場面をロールプレイングで行ってみると反省点が続々と出てきました。命にかかわることなので、反省をいかし本番に備えていきたいです。
12月17日(金)
 今日は2年1組に道徳のゲストティーチャーとして招かれ、三吉小学校の校歌について詳しくお話ししました。校歌にある願いや難しい言葉を解説しました。最後に全員で校歌を合唱しました。意味が分かるといつも以上に元気に歌えるようです。久しぶりに授業をして、とても楽しかったです。
12月16日(木)
 今日は、修学旅行から帰ってきたばかりの6年生が租税教室を行っていました。税金がなくなったら社会がどうなるかという動画を見た後、税の詳しい学習を講師の方からしていただきました。教育の目的に国家・社会の形成者の育成というものがあります。子供たちが立派な納税者に成長してくれることを願います。
12月15日(水)
 昨日、今日と修学旅行に行きました。12月とは思えない暖かな天気で子供たちにとって絶好の条件での学習になりました。多くの像や建物などを目の当たりにして、昔の人々の知恵や工夫をしっかり学ぶことができました。仲間との泊を伴う生活も天候と同じくらい温かで、よい思い出になったと思います。
12月13日(月)
 今日は2年生の子供たちが学習してきた「町たんけん」の発表会をしていました。多くの保護者の方が発表の様子を観に来られ、子供たちはすごく張り切っていました。神社にあった狛犬が口を閉じているものと開いているものがあったとか、発見したことを一生懸命に発表していました。
12月10日(金)
 今日は6年生が修学旅行の荷物点検をしていました。今年度はコロナの影響で10月上旬から12月14・15日に延期しました。今の状況であれば実施できそうですが、冬の修学旅行のため、今までとは服装や持ち物が随分変わります。現地で困らないように子供たちと知恵を出し合い、確認をしました。
12月8日(水)
 今日から個別懇談会に合わせて『三吉小 夢の作品展』を行います。体育館に一人一人の思いがいっぱい詰まった素敵な作品が展示されています。その作品に込めた作者の思いが書かれた表示もあり、読みながら鑑賞すると本当によく表現されていることが分かります。是非ご覧ください。
12月7日(火)
 今日は、12月16日に6年生が行う租税教室と1月19日に5年生が行うプログラミング出前授業の事前打合せがありました。その道のプロが話す内容は、子供たちにとって具体的で説得力があります。しかし、それまでの準備は、正直大変です。本校職員で出来ないかと考えてしまう時があります。
12月3日(金)
 今日は、午前中に震度5弱の比較的強い地震が2回ありました。丁度、東海地方を挟む形での地震です。この地に地震がなくてよかったと思いますが、これから、さらに強い地震がこないか心配になります。本校は大規模改修で足場が組まれています。これも考慮に入れて避難場所や経路を考えなくてはなりません。
12月2日(木)
 校内を回ると、子供たちが集中して授業に取組んでいます。子供たちの頑張っている様子を見ていると、嬉しく、清々しい気持ちになります。ふと、3階から外の風景を見ると、冠雪した御嶽山や中央アルプスがとても美しく見えました。これからもあたり前の幸せな日々が続きますように…。
12月1日(水)
 12月になりました。この位の時期から来年度入学予定のお子様や保護者の方が本校の生活の様子を見に来られます。新しい生活が不安になる子もいると思います。小学校生活を詳しく聞きたい、見たい、慣れたいという方は遠慮なく学校にご連絡ください。いつでも対応させていただきます。
11月30日(火)
 管理棟の改修と増築が随分進みました。予定では、特別教室は完成にもう少し時間がかかりそうですが、職員室と校長室は12月下旬に引越しが出来そうです。そのために12月21日から23日は作業を行うため、子供たちの下校を少し早めます。ご理解、ご協力をよろしくお願いします。
11月29日(月)
 今日は、タブレットを各家庭に持ち帰り、家庭と学校でライブ通信ができるかのテストを行いました。通信の仕方は教室で練習していましたが、家庭と学校で離れての交信は子供たちにとってわくわくするようで、先生用のタブレットに映る顔は、どの子も笑顔でした。これでオンライン授業の目処が立ちました。
11月24日(水)
 気温が下がり、校庭の銀杏も先日までは黄色い葉をたくさんつけていましたが、落葉が一気に進みました。子供たちも防寒着を着ている子が増えて、冬の装いになってきました。その中で四季桜が満開になり、花の少なくなった校庭を飾ってくれています。その桜を見ているだけで、心が温かくなります。
11月18日(木)
 今日は5年2組の子供たちが愛媛県今治市立宮窪小学校とオンライン合同授業を行いました。互いに学校紹介をした後、伊予弁と三河弁で方言クイズを出し合い、楽しくことばの学習をしました。ICTのよさを生かし、ライブで遠くの子供と交流でき、本当に楽しそうでした。
9月10日(金)
 緊急事態宣言が愛知県も9月30日まで延長されました。これからも学校生活に様々な制限を続けていくことになりました。9月に延長した運動会も再延長します。6年生の学年閉鎖も校内に一層の緊張を生みました。また、子供たちの夏休みの生活を聞きますと、外出自粛で恒例の家族旅行や帰省もできず、昨年同様、我慢を強いられた生活をしていたようです。そこで、本校は9月1日に心のアンケートを実施し、そのアンケートを基に臨時の教育相談を行いました。相談活動をしているとアンケートに書けなかったこと、先生の声かけで思い出したことなどを素直に話してくれました。気になったことは、担任の先生だけで止めず、他の学年の先生や管理職に報告し、ご家庭と共有しながら子供たちの心を少しでも癒せるように努めています。
 
9月8日(水)
 学年閉鎖をしている6年生の「朝の会」を見せてもらいました。アプリを活用して、メッセージで子供たちの体調を確認したり、授業時間に合わせて学習個所を伝えたり、質問を受けたりしていました。反応のない子には、電話をして今の様子を聞いていました。みんな元気で、本当に安心しました。
9月7日(火)
 新型コロナウイルス感染症の感染状況により、9月4日から6年生を学年閉鎖にしました。多くの児童と保護者の皆様には、ご迷惑とご心配をおかけし、申し訳ありません。夏休み後半と9月がスタートした2日間の子供たちの行動履歴から判断させてもらいました。教育委員会、保健所と協力し、早急に検査等をした結果、検査時の本校の安全が推測できる結果となりました。しかし、気を緩めるとすぐに感染症は忍び寄ってきます。今後は、ご家庭との協力をより強化し、もう一度「三密回避」「正しいマスク着用」「手指消毒」「黙食」「健康観察」を徹底し、安心した学びを子供たちに提供できるようにしていきたいと思います。休んでいる子供たちの学習は、タブレットをお貸しし、オンライン学習を中心に進めていきます。ご理解、ご協力をよろしくお願いします。
 
9月2日(木)
 改修工事は、子供たちのいない夏休みに集中的に進められました。まだまだ時間はかかりそうですが、教室棟の真ん中のトイレは、とても綺麗になりました。機能的で美しいデザインの便器、自動で水の出る蛇口。また、乾式なのでトイレスリッパがいりません。子供たちも大変喜んでいます。
9月1日(水)
 夏休みが終わり、子供たちが学校に戻ってきました。数名の欠席はありましたが、元気な子供たちの様子を見て、安心したのと同時に嬉しさが込み上げてきました。最近の報道は、9月から始まる学校生活の心配ばかりだったので、私の気持ちも沈みがちでしたが、子供たちの元気な挨拶と夏休みの出来事を嬉しそうに話してくれることで、本当に癒され、元気をもらいました。しかし、今は緊急事態宣言の真っ只中。今日の集会では、みんなで楽しく安全に生活するためのさらに強化した感染予防について、しっかり全校に伝達しました。また、本校は改修工事が続いています。その面からの安全指導も行いました。気を引き締め、全職員で子供たちのサポートにあたっていきます。
 
7月26日(月)
 今日から職員室がワークスペースに移動しました。この4連休で、職員室等の引っ越しを終え、管理棟は完全に閉鎖されました。学校に用事のある方は、プール側駐車場の教室棟一番西側の出入り口からお入りください。しばらくご面倒をおかけしますが、よろしくお願いいたします。
7月20日(火)
 明日から夏休み。今日は「夏休み前集会」をリモートで行いました。全国大会で優勝した子をはじめ、多くの表彰をしました。また、4か月で頑張ったことや夏休み、9月から頑張りたいことを代表の子が発表してくれました。子供たちが元気いっぱいで9月1日に登校してきてくれることを強く願います。
7月19日(月)
 今日の最高気温は34℃の予報が出ています。現在、午前10時ですが、夏の太陽が三吉小にじりじりと照り付け、気温も急上昇しています。教室内はエアコンが効いて、快適に授業が行われていますが、下校する時が心配です。マスクを取ったり、水分補給を途中でしたりして、熱中症予防に努めたいと思います。
7月16日(金)
 14日から今日まで、個別懇談会を行いました。4月からのお子様の様子や学習の進み具合をお伝えして、夏休みの生活と学習の仕方について話し合いをさせていただきました。大変お忙しい中、ご来校いただいたことに感謝いたします。いただいた情報等を今後の指導に役立てていきたいと思います。
7月15日(木)
 現在本校は改修中のため、多くの業者の方が出入りをしています。今日は、校長室の前で3名の作業員の方が足場を組んでいました。1人は若い方のため、先輩から厳しい叱咤激励をもらっていました。数年後、あまり叱られたことのない子供たちが、実際の現場で耐えられるのか心配になってきました。
7月14日(水)
 学校訪問が終わったため、校長室もいよいよ引っ越しの準備を進めなければなりません。校長室には、開校以来の軌跡がたくさん残っているため、整理をしながら梱包をしなければいけないので、とても時間がかかります。21日までには、私物を含め、準備を完了したいと思っています。
7月13日(火)
 昨日の雷雨が嘘のように、今日は晴れ渡りました。最近は、雨が多いため、じっくり校庭を見なかったのですが、久しぶりに運動場など、外を見て回りました。花壇は、すっかり夏の装いになり、2mくらいありそうな向日葵も大きな花を咲かせていました。暑いですが、夏の日差しが気持ちよかったです。
7月12日(月)
 今日は、教育委員会による学校訪問がありました。どんな学校経営がされているのか、教育委員会が確認し、指導を受けます。今日は、子供たちが頑張って授業や学校生活に取組んでいることを褒めていただきました。今後は、それを踏まえ、より高い目標をもって子供たちを育んでいきたいと思います。
7月9日(金)
 今日は、久しぶりに太陽が顔を覗かせ、学校の緑を鮮やかに見せてくれました。その太陽の光を受けながら、1年2組の子供たちが砂場遊びを終え、後片付けをしていました。「トンネルが上手にできたよ」「団子がたくさんできたよ」と頑張った様子を教えてくれました。その顔は、とても輝いていました。
7月8日(木)
 今日の「おはよう集会」では、生活委員会からトイレのスリッパを一番揃えられた6年生の表彰がありました。また、美化委員会からは正しい掃除の仕方を映像で流し、啓発をしてくれました。児童会からは募金への協力のお礼、4年生からは節水の呼びかけがありました。三吉っ子は頑張っています。
7月7日(水)
 今日は、あいにくの天気ですが、七夕です。学校の廊下にも七夕飾りがあり、子供たちの切実な願いが短冊に書かれています。読んでみると、やはりコロナの終息や家族の健康を願うものが多いようです。テストの点がよくなるようにというものもありました。みんなの願いが叶うことを祈っています。
7月6日(火)
 今日は、5年生の子供たちを対象に認知症講座がありました。講師の方からDVDの視聴や演習をさせてもらい、認知症のことや認知症になった方への対応の仕方等、詳しく教えていただきました。これで、家族や近所に認知症の方がいらしても、三吉小の子は上手に対応できると思いました。
7月5日(月)
 今日は、1年生の子供たちが初めて小学校のプールに入りました。大きなプールだけに、少し緊張しているようでしたが、一旦水に入ると楽しさと嬉しさが爆発していました。しかし、今はコロナ禍。担任の先生から、大きな声を出さないことやプールサイドを走らないこと等をしっかり指導されていました。
7月2日(金)
 今日は2年2組で国語科の研究授業を行いました。みよし市の指導員の先生に来てもらい、国語科の専門的な指導をしてもらいました。タブレットを効果的に使い、2つの文章を比較し、説明の仕方の違いを捉え、分かりやすく伝える方法を学びました。これから書く説明文に生かせるとよいです。
7月1日(木)
 今日は名古屋女子大学の堀部要子准教授にご来校いただき、特別支援教育についてご指導いただきました。特別支援学級や通級指導教室の授業を観ていただき、一人一人の子供たちに合った指導法について具体的に教えていただきました。その指導法は通常学級にも十分生かせるものだと思いました。
6月30日(水)
 今日は日が差したかと思えば、もくもくと黒い雲が広がり、大粒の雨が突然降ってくるという不安定な天気です。これからは梅雨末期の豪雨や台風等、大雨のシーズンに入ります。子供たちの登下校や外での活動には十分注意をしていく必要があります。大雨の恐ろしさを子供たちに指導したいです。
6月29日(火)
 1年生の子供たちが、シャボン玉の授業をしていました。シャボン玉を空高く飛ばそうとしていましたが、洗剤等の配分が上手くいっていないようで、なかなか飛んでくれません。そこで、飛ばないならと地面にブドウのようなシャボン玉の集合体を作り、楽しんでいました。子供は遊びの天才です。
6月28日(月)
 今回の大規模改修では、職員室のある管理棟が中心ですが、教室棟のトイレも改修されます。そのため現在、教室棟のトイレが一部使用できません。普段使っているトイレが使えないので、子供たちには不便をかけますが、9月くらいからはきれいなトイレが使えます。楽しみにしていましょう。
6月25日(金)
 1年生の子供たちが大切に育てているアサガオがきれいな花をつけ始めました。毎朝、登校すると水やりのボトルを手に、観察をしながら丁寧に水をやっています。「赤い花が咲いたよ」「ぼくのまだ咲いてない」など、様子を教えてくれます。全員の花が満開になることを願っています。
6月24日(木)
 第Ⅱ期の大規模改修が本格的に始まっています。ここ3日間くらいは増築部分の既存施設の解体のため、とても大きな音が出ていました。子供たちが心配になり、教室を見に行くと、結構集中して授業に取り組んでいたため安心しました。運動場には工事事務所もでき、三吉小の風景が大きく変わってきています。
6月23日(水)
 2年1組で道徳の研究授業がありました。主題が伝統文化の尊重と郷土愛という少し2年生には難しいものでしたが、伝統文化を守るためには何が大切なのかを京都の祇園祭を通して、一生懸命考えました。この子供たちが、きっとみよしのお祭りなどを伝承する担い手になってくれると思いました。
6月22日(火)
 6月18日から24日の一週間、児童会の子供たちがユニセフ募金活動をしています。今日も登校時に募金箱を持って活動をしていました。今日は三日目なので、すでに募金を終えた子が多く、入れてくれる子が少なかったようです。それでも活動をしている子たちの目は、とても輝いていました。
6月21日(月)
 今日で愛知県に出ていた緊急事態宣言が解除され、早速、高学年の子供たちがプールの掃除をしてくれました。二年分の汚れを落とすのは、結構大変そうです。底より横についた汚れを取るのに苦労していました。これで、改修で新しくなったプールに、今年度は子供たちを入れてやれそうです。
6月18日(金)
 今日は、6年生を対象とした弁護士による「いじめ防止出張授業」を行いました。普段の先生からの話と違って、法律の専門家である弁護士の方から聴くいじめの話は、重みが違うようです。具体的ないじめ事件やその罪の重さを聴き、本当にいじめは重大で悪いことだと理解できたと思います。
6月17日(木)
 5年1組で社会科の研究授業がありました。北海道の自然のよさを住民が上手に生かして生活している様子を資料等から調べ、話し合いをしました。一人一人が調べたことをグループで出し合い、全体で発表しました。とても温かな雰囲気の中で、活発な学習ができていました。
6月16日(水)
 今日もコロナの影響でリモートによる「おはよう集会」を行いました。やはり直接顔を見合わせない集会なので、一方通行になっているような気がしてなりません。少なくとも保健委員会や児童会の子供たちの一生懸命な啓発活動は、担任の先生のフォローで全校にしっかり伝わってくれることを願います。
6月15日(火)
 昨日から本格的に大規模改修の工事が始まりました。まずは、子供たちの安全を確実に確保するために、工事フェンスを設置して、子供の活動エリアと工事エリアを隔離します。しばらく子供たちには窮屈な思いをさせてしまいますが、きれいな教育環境にするために我慢です。
6月11日(金)
 本校は、金曜日の朝「どんぐりタイム」としてソーシャルスキル・トレーニングを年間を通して行っています。今日は「アドジャン」というゲームで「相手の顔を見て聴く」「うなずきながら聴く」というスキルを身につけます。このスキルで学級で親和的な学びができるようになります。 
6月10日(木)
 このところ30度以上の暑い日が続いています。今日も日差しが強く、子供たちの健康が心配です。コロナウイルス感染症だけでなく、熱中症も本当に注意して指導にあたらないといけません。無理をさせず体調に合わせて、体育を見学させたり、休憩を取って給水タイムを設けたりして対応していきます。
 
6月9日(水)
 昨日、5年生が田植えをしました。最初は、恐る恐る田んぼに足を入れていましたが、徐々に泥にも慣れ、三吉っ子らしく元気に田植えをしていました。大変暑い中でしたが、とてもよい体験をさせていただきました。学校田管理の近藤様をはじめ、準備に多くの方々のお世話になりました。感謝いたします。
 
6月8日(火)
 今日、6月8日は『学校の安全確保・安全管理の日』です。この日に定められたのは、2001年の今日、大阪教育大学附属池田小学校で児童8人が校内で殺害された悲惨な事件が起きたからです。あの事件以来、学校の安全管理体制は大きく変わり、学校の門扉は閉ざされ、防犯カメラ等が設置されました。職員にも校内に侵入した不審者対応の訓練が警察の協力を得て、常態化されました。防犯上だけでなく、子供の安全には、施設設備、感染症の防疫、熱中症、アレルギー対応等があり、もう一度安全管理体制を顧みて、予防・対応の確認と更新をしていく必要があります。先日の新聞に池田小学校の副校長の言葉が掲載されていました。「おはようと登校した児童が、さよならと帰って行くのは本当に幸せなこと」この言葉を職員の合言葉にして、安全対策に努めたいです。
 
6月7日(月)
 5月31日に5年生野外学習の説明会を行い、6月24・25日に野外学習を行う予定でいました。しかし、緊急事態宣言が延長になり、6月20日に解除の予定になりましたが、再延長の可能性もあります。20日に解除されても、その直後に宿泊を伴う行事を行うのは、お預かりしたお子様の健康上、大変心配があります。そこで、学校医や教育委員会とも相談したところ、感染力の強いコロナウイルス変異株の広がりからも今、強行するには危険だとご助言いただきました。このことも踏まえ、急な変更になってしまいましたが、野外学習を延期することにしました。準備を進めていた5年生の子供たちや保護者の皆様には、大変ご迷惑をおかけすることになり、誠に申し訳ありませんでした。今後も子供たちの安全を第一に考え、教育活動を行ってまいります。
 
6月4日(金)
 今日は、学校評議員会を行いました。校内を巡回して子供たちの活動を観てもらいました。その後、今年度の学校経営について子供の様子を絡めて、ご助言いただきました。また、学校外での子供たちの様子を教えていただいたり、よりよい学校づくりに協力していただくための合意形成ができたりしました。
 
6月3日(木)
 今日は、愛知教育大学の鈴木一成教授をお招きし「コロナ禍でできる体育の授業」と題して実技講習会を行いました。感染リスクを考えるとできないことばかりと考えがちですが「こんなこともできる。あんなこともできる」とアイデアを沢山いただきました。とても有意義な会となりました。
 
6月2日(水)
 今日は、ミニ通学班会を行いました。最近の登下校の様子を省みて、良いところと悪いところを発表しました。そして、良いところを続ける方法、悪いところは直す方法を考えました。それが今後、しっかり実行できるように担当の先生が助言していました。安全に登下校をしてほしいです。
 
6月1日(火)
 今日は、第1回学校保健委員会として、6年生の心肺蘇生法の訓練を行いました。子供といえども、目の前に今にも息絶えようとしている人がいた時に、心肺蘇生を行うことができれば、助かる確率は高くなります。6年生の子供たちがこの訓練を通して、命の重さを実感してもらえるとよいです。
 
5月31日(月)
 今日は、5年生が行います野外学習の説明会を実施しました。緊急事態宣言下ではありますが、一学年の説明会ですので密になることはないと考え、実施しました。野外学習の予定日は6月24・25日です。今のところ緊急事態宣言の終了予定は6月20日ですので、野外学習は実施する予定でいます。しかし、宣言の再延期や蔓延防止等重点措置、みよし市・本校の感染状況により安全に実施できないと判断した場合は、延期または中止する予定でいます。現在、運動会・球技大会の延期、水泳指導もストップがかかっています。このことからも5年生の子供たちには、是非大自然の雄大さから自然を愛する心を養ったり、宿泊や普段できない活動から、助け合いや思いやり、協力することの大切さを教えたりしたいと思います。
 
5月28日(金)
 今日は、校内少年の主張大会を行いました。この主張大会で毎年思うことは、本当に子供たちの真っ直ぐな意見が私たち大人の心を浄化してくれることです。そして、何より人の善意を感じることができる貴重な機会です。今日は、代表の子供たちの主張だけでしたが、全員の作文を読みたいと思いました。
 
5月27日(木)
 今日は、6年生が全国学力学習状況調査を行いました。学力だけでなく、その子がどんな生活や学習の仕方をしているのか、学校だけでなく、家庭の様子まで幅広く質問されます。朝ご飯を食べているか、家にある本の冊数に至るまで細かく質問されます。そこで得たデータを基に、その学校の長所や短所を見極め、焦点化して学校や家庭、地域と協力しながら、効果的に子供たちの成長を促す方法を考える材料になっていきます。また、試験問題も暗記だけでは太刀打ちできません。問題にある図や表、文章から的確に読み取り、解を導き出さないといけません。普段から学んだことが実生活のどこに生きてくるのかを意識して授業していくことが重要です。そして、一番要求されるのは文章を読み解く力だと感じます。授業だけでなく、日常生活で読解力をつけていく必要があります。
 
5月26日(水)
 緊急事態宣言で今年度も水泳ができないのか子供たちが心配しています。本校のプールは昨年度、新しくなりましたが、残念ながら一度も使っていません。使わなくても一年放置しておくと新しいプールとは思えないほど汚れます。宣言解除後、すぐに清掃して、短い期間でも水泳指導をしたいと思います。
 
5月25日(火)
 今日から明日にかけて、体力テストを行います。残念ながら、愛知県の小学生の体力テスト結果は、全国最低レベルだそうです。確かに、最近公園などで遊んでいる子供たちの姿を見なくなりました。せめて学校にいる間は、放課や体育の授業で、できるだけ体を動かす機会をつくりたいと思います。
 
5月24日(月)
 本校には、愛知教育大学教職大学院の学生が2年間にわたり実習を行っています。今日は、大学教授が来校し、授業を観てもらいました。さすがに1年以上実習をしているので、子供たちとの関係は良好で、楽しく直方体の体積が小数点を使っても正しく求められることを確認していました。
 
5月21日(金)
 今日は、朝から大雨でした。登校時間に風が治まったのが幸でした。三吉小の子供たちは雨をものともせず「靴の中、べちゃべちゃ」と言いながら笑顔で登校して来てくれました。服も濡れていますので、教室のエアコンを上手に使って乾かしてあげたいと思います。
 
5月20日(木)
 コロナ禍の授業が先生も子供たちも当たり前になっているようです。算数の授業では、話し合いは距離を取りながら自分の意見を伝え合ったり、音楽はリズムに重点をおいたりして行っています。制約の多い学校生活ですが、先生の工夫次第で、安全で楽しいものになります。
 
5月19日(水)
 今年は、例年になく早い梅雨入りです。今日は雨のため、長放課に運動場で遊ぶことは出来ません。また、コロナによる緊急事態宣言で運動会は延期になり、水泳指導もどうなるか不透明な状況です。子供たちの抱えるストレスを解消させる方法を本気で考えないといけないと思っています。
 
5月18日(火)
 今日は、2年生が校外学習に出かけました。学校の近くにどんなものがあるのか、実際に歩いて見て来ました。子供たちは、とても元気で、発見したものを嬉しそうに担任の先生に報告していました。ただ、今日は大変蒸し暑い日になったので、各公園で細目に休憩して、給水タイムをとっていました。
 
5月17日(月)
 本校は今年度、管理棟の大規模改修と増築を行います。既に何度か教育委員会や設計事務所、工事業者と会議を行っています。学校としては、校舎が綺麗に使いやすく、これからの教育に対応できるものになるよう要望することも重要ですが、工事期間中、子供が安全に生活できるかが第一です。
 
5月14日(金)
 昨日、子供たちの下校後、職員の心肺蘇生研修会を行いました。消防署の職員に講師をしてもらう予定でしたが、緊急事態宣言で来校できなかったため、養教の先生に指導してもらいました。全職員、1年に一度は訓練をして、いざという時に慌てず、的確な蘇生をしてもらいたいと思います。
 
5月13日(木)
 昨日から愛知県にも緊急事態宣言が発令されました。校内の対応としては、普段から感染対策を徹底していますので、大きな追加策はありませんが、職員一同、緊張感をもって指導していきます。しかし、多くの方が集まる行事となると別で、近く行う予定の運動会を延期しました。昨日、市からメールでご家庭に延期が伝えられたので、朝、登校してきた子供たちから「本当に運動会、延期になるの?」とか「練習してきたのに残念」など、多くの声を聞きました。私も練習が始まっていただけに、残念でなりません。いつ実施するかは、決定次第、お知らせしますが、本校は7月から管理棟の大規模改修と増築が今年度いっぱい行われます。運動場の一部が工事事務所と資材置き場になる予定なので、狭く、いつもと違うレイアウトの運動場での運動会になると思います。
 
5月12日(水)
 昨日の午後、幼稚園と保育園の先生方にお越しいただき、幼保小連絡会を行いました。5時間目に1年生の授業を観てもらい、その後、情報交換をしました。入学前にも情報をもらっていましたが、1年生が入学してきて約1か月余り、改めてお聞きしたい事があり、よい助言をいただきました。
 
5月11日(火)
 昨日から5月22日の運動会に向けて、各学年が本格的に練習を始めました。5月に行う運動会は、体育科の発表の場でもありますが、級友と励まし合いや助け合いがしやすく、学級をまとめるには要となる行事です。緊急事態宣言下ではありますが、感染予防を徹底して実施したいと考えています。
 
5月10日(月)
 本校は、毎月「子供を語る会」を実施して各学級や個々の子供の様子を共有し、同一歩調でどの職員も支援できるようにしています。仲間との関わり方や家庭の様子、先生との関係まで、包み隠さず話します。そして対応を全職員で考え、指導方針を決めます。大変大切な会となっています。
 
5月7日(金)
 今日は、名城大学の曽山和彦教授を招聘して「学びを支える学級づくり」と題して、ご講演をいただきました。本校は「どんぐりタイム」を設定し、ソーシャルスキル・トレーニングを行っています。その時間の必要性やもち方、活かし方を教えていただき、とてもためになる研修となりました。
 
5月6日(木)
 遅くなりましたが、今日のおはよう集会で今年度前期の児童会役員、委員長、学級委員の任命を行いました。今日もリモート集会で、全校の前での任命状の授与はできませんでしたが、どのリーダーもやる気に満ちた様子で任命状を受け取ってくれました。私は、各リーダーに多数ばかりに目を向けるのではなく、活動上、弱い立場になる人のことを考えに入れ、学校や学級を導いてほしいとお願いしました。また、リーダー以外の人には、自分たちが決めたリーダーなので、そのリーダーが何に困っているのか、何に迷っているのかを考え、相談に乗ったり、手伝いをしたりして、自分たちのリーダーを助けてほしいとお願いしました。そんな支え合いが自然にできる学校や学級は、きっと笑顔があふれる素晴らしいものになると思います。
 
4月30日(金)
 今日は欠席が大変少なく、待望の鯉のぼりを揚げることができました。本校は欠席が少ないと鯉のぼりを揚げます。鯉のぼりが毎日揚がると嬉しいです。午後は引き渡し訓練を行いました。お忙しい中、訓練へのご協力に感謝いたします。本当の引き渡しが行われないことを祈るばかりです。
 
4月28日(水)
 今は午前7時、始業1時間以上も前ですが、校務主任の先生が花壇に花を植えていました。気候も暖かくなり、適度に雨が降るようになったため雑草もすごい勢いで成長します。本校の校地面積は24,456㎡あり、これを職員だけで管理するのは本当に大変です。校務主任を中心に職員で手分けして手入れをしますが、授業や事務、会議、出張などがあり、後回しになってしまいます。みよし市は、月に3日間、環境作業員を配置したり、環境整備の予算をいただけたりしますが、それだけではこれからの季節、足りなくなるのが現状です。子供たちに花に囲まれた美しい環境で教育をしてやりたい、害虫などのいない安全な環境で思いっきり活動させてやりたい、という思いで、勤務時間外に整備するしかないのが苦しいところです。
4月27日(火)
 校内を巡回していると至る所にとても良いことが書かれている掲示物がたくさんあることに気づきます。しかし、子供たちは掲示しただけでは気にとめてくれません。先生が掲示に気づかせ、そこに書かれている重要な事を考えさせないとただの飾りになってしまいます。先生の大切な仕事の一つです。
 
4月26日(月)
 今日から明日の2日間で、家庭訪問を行います。本校の家庭訪問は希望制で、懇談を希望するご家庭には玄関先でお話をさせていただきます。それ以外のご家庭は、お宅を担任が確認だけさせていただきます。子供たちは午後2時に下校します。下校後の生活を含め、お世話をおかけします。
 
4月23日(金)
 今日は「1年生を迎える会」を高学年主催で行いました。6年生の楽しいアイデア満載の劇やクイズ。リモートでの参加で会場に入れなかった2年生から4年生の心のこもった歓迎ビデオ。どれも1年生への温かい思いが伝わってきました。1年生の子たちは大喜びでした。
 
4月22日(木)
 今日は、明日行われる「1年生を迎える会」の練習を6年生がしていました。三吉小学校の一年間を6年生のアイデアを沢山取り入れた劇や各学年の歓迎ビデオを流すなど、1年生が喜んでもらえるように一生懸命練習していました。1年生の子供たち同様、私も歓迎会が楽しみになりました。
 
4月21日(水)
 今日は、トラック研修センターで1年生の交通安全教室を行いました。内輪差、トラックからの死角確認等をした後、信号交差点の渡り方訓練を行いました。内輪差で自転車が潰れそうになるところは、みんなハラハラドキドキして見守っていました。とてもためになる教室でした。
 
4月20日(火)
 今日は、2年生の子供たちが聴力検査をしていました。昨年度は、コロナウイルスによる休業で実施が大変遅くなりましたが、今年度は計画通り行えています。学校教育を受けている子供の健康安全は、学校保健安全法に定められています。本校も、その法に則り、この一連の健康診断で、子供の健康を把握しています。目の見え具合、耳の聞こえ具合等、また医師でないと判らない事項まで、きめ細やかに検査します。なお、健康診断が終了した時点で、再検査や治療等が必要な場合は、ご家庭に通知します。お忙しい中でも、できるだけ早く検査・治療をお願いします。幸い、昨年度は大きな疾病が見つかることはありませんでした。今年度も、三吉小の子供たちが健康であってほしいと願っています。
4月19日(月)
 今日は、今年度最初の授業参観を行いました。コロナ対策として、校区を三つに分けて、それぞれ1、3、5時間目に参観ができるように時間設定をしました。担任の先生がどんな授業をするか関心が高いため、平日にもかかわらず、多くの保護者の方にご来校いただきました。ありがとうございました。
 
4月16日(金)
 昨日の5時間目に、今年度初めての避難訓練を行いました。子供たちは先生の指示に従い、真剣に、素早く、静かに、落ち着いて運動場に避難できました。私は、まだ震度4の地震しか体験していません。5年前の熊本地震は、震度7が2回も起きました。未知の災害を最大限イメージして備えたいです。
 
4月15日(木)
 今日は、リモートによる「おはよう集会」を行いました。全校の子供たちに話をする最初の機会なので「授業」「挨拶」「掃除」を三吉小学校の自慢にできるようにと話しました。ただ、どのくらい伝わっているのかリモートなので反応が分からないのが不安です。担任の先生の補足を期待しています。
 
4月14日(水)
 雨の降っていた朝が嘘のように2時間目の長放課は晴れ渡りました。運動場で思いっきり遊ぶ子供たちを見ていると、こちらも元気をもらえます。このところ子供たちと外で遊ぶ先生が少なくなりました。年度始めは、一緒に遊んで早く先生と子供の信頼関係ができるとよいのですが…。
 
4月13日(火)
 今日は、朝から雨が降っています。雨が降ると学校での生活が大きく変わります。放課に外で遊べませんので、教室内でトランプやお絵かきをして過ごします。1年の教室では、1年生に6年生がトランプを教えていました。外は雨ですが、校内は晴れ晴れとした子供たちの姿がありました。
 
4月12日(月)
 新年度が始まって2週目に入りました。今日は2年生の授業をじっくり観させてもらいました。先輩になったことで生活の仕方もよくなっていました。また、学級の人数が少なくなり、先生の目も一人一人に行き届いているようです。1年生の模範になってくれると嬉しいです。
 
4月9日(金)
 昨日、子供たちが下校した後、先生たちで運動会に向けて、集団行動とラジオ体操の研修会を行いました。特に、今年度新任の先生が仲間に入ったので「前へならえ」「腰を下ろして休め」等々、体育主任から丁寧に指導してもらいました。子供たちには正しいやり方をしっかり教えたいです。
 
4月8日(木)
 今日の朝、1年生がどんな様子で先生の話を聞いているのか見に行きました。まだ、新しい学級で生活し始めたばかりなので、落ち着かない様子なのかなと予想していました。しかし、1組も2組もしっかり前を向き、一生懸命先生の話を聞いていました。すごい1年生です。
 
4月7日(水)
 今日は、通学班に新1年生が入っての初めての登校です。私は、少し心配で校門で待っていました。しかし、その心配は一切ありませんでした。班長さんが1年生の車道側に並び、手を引きながらペースを考え登校して来てくれました。班長さんの心遣いに、とても感動しました。登校だけではありません。5日の入学式の準備では、自分の任された役割が終わると、手の足りないところや作業が終わっていないところを自分で見極め、手伝う姿がありました。また、入学式での6年生の姿勢は、最高学年としての誇りを感じさせるものでした。まだ、新年度が始まって2日間しか経っていませんが、これからの三吉小学校が大きく発展することを感じさせてくれました。6年生は学校の顔です。学校内外で「三吉小ここにあり」とアピールしてくれると嬉しいです。
4月6日(火)
 令和3年度が始まりました。今日は、元気いっぱいの1年生が入学してきました。早く三吉小学校の生活に慣れ、もっと元気に笑顔いっぱいで学校に登校できるようになると嬉しいです。しかし、今年度も新型コロナウイルス感染症は治まっておらず、ウイズコロナの学校生活は継続していかなければなりません。本校の計画では、今のところ全ての行事等を実施する予定ですが、状況に応じて急な予定変更を行わなければならなくなると思います。その際には、ご容赦いただきますようお願いいたします。今年度も引き続き「授業」「挨拶」「掃除」を三吉小の自慢にしていきたいと考えています。本校が笑顔あふれる学校になるよう、全教職員で努力していきます。何卒、ご家庭・地域のご協力をよろしくお願いいたします。

 

ページトップに戻る