南部小TOP
 
南部の子TOP

南部の子平成30年1月

1月31日(水) 今年度最後の家庭教育学級が行われ、多くの保護者の方にご参加いただきました
 PTA主催の第4回家庭教育学級が行われました。

 今回は、『ハーブティーブレンドレッスン〜かぜ予防のおくすりばこ〜』と題し、ハーブティーソムリエの方から、ハーブティーの魅力と味わい方を教えていただきました。

 参加された皆さんは、講師の皆さんのお話を聞きながら、4種類のハーブティーを味わい、その特徴をつかんでみえました。その後、好みの味や効能を考えながら、4つをブレンドし、味わっていました。ハーブのさわやかな香りに包まれて、ゆったりとした時間を過ごすことができました。

 一年間ご参加いただいた学級生の皆さん、企画運営をしていただいたPTA役員の皆さん、ありがとうございました。
1月29日(月) 書き初め大会の表彰があり、たくさんの子どもが表彰されました
 1月初めに行われた、書き初め大会の表彰が行われ、各学年からたくさんの子どもたちが表彰されました。今年度は、市の大会で4名の子どもが金賞を受賞しました。

 校長先生からは、節分の日のお話がありました。冬と春の季節を分ける日が節分であり、次の日は立春であること、節分の日に豆をまく理由とそこにこめられた願いなどを話していただきました。

 今週金曜日の給食は、節分にあわせたメニューであることも聞き、子どもたちは今から楽しみにしている様子でした。
1月26日(金) 予想外の雪に大喜び、1年生は給食について栄養士さんからお話を聞きました
◆雪遊び

 連日の雪で校庭は一面雪の原!登校してきた子どもたちは早速校庭で雪遊びをして大はしゃぎ!

 1時間目は、雪を学ぶ(雪遊び)の時間に。雪だるまをつくったり、雪合戦をしたり、中には雪のベッドに寝そべる子も…。

 この時間は先生たちも子どもたちといっしょに雪遊び。雪合戦では、子どもたちにたじたじでした。
◆食に関する指導(1年生)
 
 給食週間事業の一環として、給食センターの栄養士さんが、1年生の学級を訪問してくださいました。

 給食ができるまでの過程や作る苦労や工夫などについてお話していただきました。実際に使われる釜やしゃもじの大きさに子どもたちもびっくり!

 今日の給食である、打越名物『鳥飯』についてもお話があり、給食まで待てない様子の子どもたちでした。
1月25日(木) 少し雪が残る寒い日、授業参観にお越しいただきありがとうございました
◆雪遊び

 昨夜降った雪で校庭はうっすらと雪化粧。

 子どもたちは、雪をかき集めて、雪だるまをつくったり、雪合戦をしたりと、少しの雪にもかかわらず、雪遊びをして大はしゃぎ!

 しばらく気温も低いので、溶けた雪が凍ることもあります。気をつけて登下校させたいと思います。
◆授業参観
 
 この冬一番の寒さの中、早朝より授業参観にお越しいただき、ありがとうございました。

 教科や道徳の授業の様子を見ていただいたり、子どもたちといっしょに活動していただいたりと、積極的にご参観いただきありがとうございました。お家の方が来てくださるとあって、子どもたちはいつもに増してはりきっていました。書初めの展示も熱心に見ていただきありがとうございました。
 
 残り三ヶ月となりましたが、各学級とも、子どもたちが充実した一年だったと言えるよう、取り組んでいきたいと思います。
◆二分の一成人式

 今年度で10歳になる4年生の子どもたちが、総合的な学習の時間のまとめとして、お家の方を招いて『二分の一成人式』を行いました。

 体育館には、全員の自画像木版画手形・足型が掲示され、保護者の皆さんが熱心に見てくださいました。

 厳かに始まった式では、代表児童が証書を受け取った後、スローガンの『協力』を唱和し、親子ふれあいレクリエーションが行われました。そこではクイズが出題され、複数の親子で仲良く相談し答えていました。

 最後は、感謝と決意の呼びかけをした後、『この星に生まれて』を全員で合唱しました。

 次の時間には、各学級で一人一人が『10才の誓い』を発表し、感謝の気持ちとこれからの自分の目標について、堂々と話をすることができました。

 保護者の皆様、早朝からありがとうございました。10年後、子どもたちがどんな20歳になっているか、今から楽しみです。
1月23日(火) 家庭科の調理実習でご飯と味噌汁を作り、先生方にも食べていただきました
 5年生の家庭科の調理実習でご飯と味噌汁を作りました。子どもたちは今日までに、わが家の味噌汁についてリサーチするなど、準備をしてきました。
 各班できちんとにぼしからだしをとり、刻んだたまねぎ等を入れ、好みの味噌を溶いたら、出来上がり。ガラス鍋で炊いたご飯はちょっとおこげもありましたが、ふっくら炊き上がりました。

 担任の先生や校長先生など、いろんな先生にも入っていただき、いっしょにおいしくいただきました。

 「お家の人に作ってあげたい」「お母さんといっしょに作ろうかな」など、子どもたちが笑顔で話してくれました。
1月22日(月) 朝会で、学校給食週間とあいさつ標語の表彰・披露がありました
 今週の24日から始まる全国学校給食週間について、校長先生からお話がありました。
 最初に、小学生が好きな給食メニューベスト3から、6月にある南部小リクエストメニューについてのお話がありました。 
 次に、みよしの給食で出されるパンが11種類あることを聞き、子どもたちは驚いていました。
 子どもたちが楽しく給食を食べながら、バランスよく栄養を取れるように日々工夫をし、提供してくださる給食センターの皆さんに感謝しました。

 また、昨年末児童会が募集した『あいさつ標語』について、3名の入賞者の表彰と標語の披露がありました。

 ◆あいさつは元気の源 心も体も活性化
 ◆あいさつで 地域に笑顔が広がるよ
 ◆まほうのことば『あいさつ』を
   いつでもどこでもだれとでも

 どの標語もこれからみんなの合言葉にしていきたいと思います。
1月18日(木) 『食に関する指導』で栄養教諭の方に授業をしていただきました
 給食週間事業の一環として、給食センターの栄養教諭の方が、2年生の学級を訪問してくださいました。

 秘密の箱で野菜当てをしたり、今日の給食のメニューの野菜を調べたりして、野菜のはたらきや野菜を摂取することの大切さを学びました。その後、子どもたちと一緒に給食を食べていただきました。

 お話を聞いて、さらに給食に関心をもち、給食が楽しみになった子どもたちです。
1月17日(水) 外国語活動では、いろんな方がサポートしてくださり、楽しく学んでいます
 今後、英語として教科になっていく外国語活動。本校では、担任が電子黒板を活用するだけでなく、外国語活動対応の先生や学区のボランティアの方が協力してくださり、子どもたちも楽しく学ぶことができています。

 5年生では英単語を聞き取って図を指差したり、6年生では『桃太郎』を英語劇にして演じたりと、体験を交えて、英語を楽しみながら学んでいます。

 今日は、職場体験の南中生も劇に加わり、南中生の英語の発音のよさに拍手!南中生は明日・明後日と3日間、南部小の子どもたちと過ごしてくれます。
1月13日(土) 厳しい寒さの中、資源回収へのご協力ありがとうございました
 寒さ厳しい折でしたが、各地区とも一生懸命に、手際よく資源回収を行っていただきました。

 少し前に中学校の資源回収があったこともあり、いつもより量は少なめでしたが、資源を積んだ車が到着すると、協力して仕分け作業を行っていました。

 この活動の収益金は、今後、子どもたちの学校生活に生かしていきます。皆さん、寒い中ご協力いただき、ありがとうございました。
1月12日(金) 今年度最後の避難訓練、大地震を想定し、緊張感をもって真剣に取り組みました
 今年度、最後の避難訓練が行われました。大規模な地震を想定した訓練で、今日は各自が自分で「おはしも」を意識しつつ、学級でまとまって避難することを目的としました。

 最近の地震の多発にふれ、各担任から地震の被害と対策について、具体的な話をしました。子どもたちは真剣に耳を傾け、その後の避難も話をすることなく、緊張感をもって取り組むことができ、今までで一番短い時間で避難することができました。

 先生方も、「子どもたちに、『自分の命は自分で守る』という意識をもってほしい」と願いながら、真剣に訓練に取り組んでいました。

 ご家庭でも、地震や火災の対応について子どもたちと話していただき、防災意識を高めていただければと思います。
1月11日(木) 防災体験学習で起震車体験・避難袋訓練を行い、真剣に取り組みました
 明日の避難訓練と22年前に起こった阪神淡路大震災を想定し、3〜6年生が起震車体験を、5・6年生が避難袋体験を行いました。

 県の防災安全課からお借りした起震車について、市の防災課の方からお話をうかがった後、4人ずつ体験しました。予想以上の揺れに身動きが取れなくなった子どもたちは、大地震の恐ろしさを痛感していました。

 また、尾三消防署の方に来ていただき、火災などで避難経路が絶たれたときの最終手段として、避難袋を使用するということや避難袋での避難の仕方を教えていただきました。子どもたちは緊張をしながらも、器用に体を動かしながら、3階からスムーズに螺旋を描きながら降下することができました。

 1・2年生もその様子を見ており、地震の恐ろしさを肌で感じていました。体験を終えた子どもたちは、いざという時に自分には何ができるかを考えつつ、『自分の命は自分で守る』という意識をさらに高めました。
1月10日(水) 厳かな雰囲気の中、校内書き初め大会が行われました
 厳かな雰囲気の中、どの子も息を止めるぐらい筆使いに気をつけ、真剣に取り組んでいました。

 今日の書き初め大会に向けて、子どもたちは11月終わりごろから練習を重ねてきました。冬休み中も練習をし、腕を磨いてきました。

 1,2年生の子どもたちは硬筆で、長い文章をお手本を見ながらバランスに気をつけて、ていねいに仕上げました。

 3〜6年生の子どもたちは毛筆で、筆運びや字間、字の勢いや力強さにまで気をつけながら書き上げました。

 校内選考で優秀作品が決まった後に市の審査が行われ、金・銀・銅賞が発表されます。今日の作品は今月の授業参観の際に展示しますので、お越しの際は是非ご覧ください。
1月9日(火) 2018年がスタート!学校に子どもたちの元気な声がかえってきました
 冬休みが明け、子どもたちが元気なあいさつと笑顔で登校してきました。

 全校集会では、1,3,5年の児童代表が、2018年の目標と意気込みをに発表しました。どの子も昨年の反省をもとに今年頑張りたいことやチャレンジしたいことを堂々と発表しました。

 次に、アンサンブルコンテストで金賞・豊田市長賞をとった金管バンド部のメンバーが表彰を受けた後、コンテストで披露した素晴らしい演奏を聞かせてくれました。

 最後に校長先生から、『戌年』に込められた二つの願い、『守』『団結』についてお話がありました。

 2018年、どの子も、目標の達成に向け、自分の色を発揮しながら頑張ってくれることと思います。
1月8日(月) 金管バンド部、アンサンブルコンテストで素晴らしい演奏を披露、豊田市長賞を受賞! 
 豊田市の上郷交流館で行われたアンサンブルコンテストにおいて、金管バンド部の代表チームが素晴らしい演奏を披露し、金賞を受賞、さらには豊田市長賞を受賞しました。

 力強い音色で始まった『オーバー・ザ・レインボー』は、1人一人が確かな音を出すだけでなく、全員で曲の強弱を表現し、聴かせる演奏となり、その素晴らしい演奏に、会場の空気が変わるほどでした。

 今までとはまた違う、緊張の舞台でしたが、今までの努力の成果を発揮し、聞く人を魅了する演奏をすることができました。

 その結果、金賞受賞だけでなく、最高の賞にあたる『豊田市長賞』をいただくことができました。6年生にとっては最高の思い出となりました。

 応援に来てくださった保護者の皆様、ありがとうございました
1月7日(日) アンサンブルコンテストに向けて金管バンド部のメンバーが頑張っています
 8日(月)のアンサンブルコンテストに向けて、金管バンド部のメンバーが練習を行っています。

 子どもたちは久しぶりの楽器の感触を確かめながら、パート練習、合奏と練習に取り組んでいました。学芸会でも披露した『オーバー・ザ・レインボー』に磨きをかけて、少人数で挑みます。

 8日に上郷交流館のふれあいホールにて、14:40の演奏予定です。応援よろしくお願いいたします。
1月1日(月) 明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします
 明けまして、おめでとうございます。皆さんのおかげで、本校もおだやかであたたかなお正月を迎えることができました。

 
 子どもたちみんなが、楽しい冬休みを過ごし、9日には元気な顔を見せてくれることを、にゃんぶも楽しみにしています。