[ トップページへ戻る ]

■■  車椅子の基礎知識  ■■

▼ 車椅子の種類 ▼
 電動車椅子やスポーツ競技用を除いた、いわゆる介護のための手動式車椅子の種類は大きく2種類、自操用車椅子介助用車椅子に分けられます。
<自操用車椅子>
<介助用車椅子>
■ 自操用車椅子はハンドリム(後輪の外側についている漕ぐためのリング)が取り付けられていること、介助用車椅子にはハンドリムは無く、後輪が自走用にくらべ小さくなっています。自操用、介助用共、ひじ掛けの部分が取り外せたり、開閉できるものがあります。
 特に、自分では立つことができない人の介護にはひじ掛けの部分が取り外せるタイプの車椅子が便利です。ベッドから車椅子への移動も立たせることなく、座ったままの姿勢で体を横に移動させればよいので、介助者の負担も軽くなります。
 また、足を乗せる部分(フットレスト)が取り外せるタイプ、幾種類かの部品を組み合わてせオーダーメイドに近い状態で、その人に適したサイズに合わせられる車椅子。片マヒの人が使いやすいように、座面が少し低くなっているものなど、いろいろなタイプの車椅子があります。
 
▼ 車椅子の大き ▼
大人用の場合
 幅
 自操用車椅子 ハンドリム(後輪の外側についている漕ぐためのリング)までの幅、60cmから65cm程度
 介助用車椅子 後輪から後輪まで、55cmから60cm                     
 高さ  床面から車椅子後部のにぎりの部分まで85cmから90cm程度
 座面高さ  40cmから45cm程度
          但し、通常は座面の上にクッション材を置くので若干高くなります
          肘掛部の高さ62cmから67cm程度
 奥行き  フットレスト(足を乗せる部分)から車椅子後部のにぎりの部分まで
         85cmから100cm程度
 
▼ どのくらいの段差を超えられるか ▼
 車椅子は前進の場合、2cm段差があったら、前輪がつかえてしまい、前に進めません。介助者が車椅子を少し後ろに倒し、前輪を床から浮かせば段差も乗り越えられ、前進できます。このように介助するなら15cmくらいの段差でも乗り越えられます。
 なお、後ろ向きで進むなら、後輪は空気入りのゴムタイヤですので、少しくらいの段差なら乗り超えることも可能です。
 上の画像は段差約2cmの出入り口の敷居に、段差解消用のスロープを設置した例です。これだと、つかえてしまうことなくズムーズに乗り越えられます。ただし、自力で乗り越えられるかどうかは、個人差があります。(うちは乗り越えられません)
 
▼ ちょっと 一言 ▼
 入院中は、病院内で車椅子を使っていも、特別不便を感じることはなかったのに、在宅での介護が始まった当初は、やはり廊下や出入り口も狭く、このままでは使いにくいのだということを実感しました。

 


[ トップページへ戻る ]