思い出の 正山小学校  宇和川中学校
 
 半世紀が過ぎて、友と学び、遊んだ学校は思い出の中で輝いています。
 記憶をたどりながら、今は形のない校舎をイラストにしてみました。

 正山(しょうざん)小学校
正山小学校 
  昭和30年代はじめ(1955年頃)「団塊の世代」が小学生だった頃です。
 全国的な過疎化の進んだ現在では信じられませんが、山間にあった小さな小学校の在校生は
 250名を数えていました。


 向かって右側の校舎は、奥から「1年」「2年」「3年」「4年」の教室でした。
 正面には、右側から「5年」そして、「職員室」があって、「6年」の教室がありました。

 左側の建物には、蔵書は少ないながらも一番奥に「図書室」、そして「講堂」、一番手前に和室の
 「家庭科室」がありました。

 講堂には、舞台が備わっており、校長先生の訓話や、学芸会などに使われていました。
 また年に何度か「視聴覚ライブラリ−」が来て、教育映画を上映してくれました。
 映画の時には暗幕を引いて締め切るので、250名の人で酸欠気味だったのか、私は頭が痛く
 なったのを思い出します。

 昭和60年頃(1980年代)、お盆の帰省時に訪れた時には、向かって右側の校舎は、やはり木造
 ですが2階建ての新校舎になっていました。

 その後、平成2年(1990年)に建て替えられましたが、平成26年3月(2014年)に 肱川小学校に
 統合されました。

京の森
 京の森
 校舎の北にそびえる美しい京の森。
 正山小学校を想うとき、必ずこの姿を思い出します。
 
 明治8年(1875年)に誠実学校として開校した正山小学校は、平成26年3月(2014年)に惜しまれ
 つつ139年の歴史に幕を閉じました。


校歌アイコン フリーソフト「Studio ftn Score Editor」と「歌声合成ツール UTAU」で作成しました

 宇和川(うわがわ)中学校
宇和川中学校前面
 辺鄙な田舎にあってひときわ目を引くモダンな校舎は、当時の大人の教育にかける熱意を感じます。
 昭和22年(1947年)に開校した宇和川中学校は、私が通った頃の在校生は180名ほどだったと
 思います。
 
 4メートルほどの石垣を積んだ上に立つ校舎は、周りにフェンスはおろかガードレールさえありま
 せんでしたが、転落したものはいませんでした。
 朝礼で並んだら生徒でいっぱいになる狭い校庭でしたが、みんな工夫して遊んでいました。
 体育の授業は、事実上できないので、川の対岸1kmほど上流にあるグラウンドまで移動をして
 いました。

 私が3年生になる昭和35年(1960年)に統合され、 13年の歴史に幕を閉じました。
 閉校後も、校舎は地元の企業に活用されていましたが、2020年頃に解体されました。

 
2年間だけのための教室
B組の教室
 昭和22年度生まれの生徒は大幅に増加し、教室が不足しました。
 閉校を間近かに控えながらも、2年間だけのために用意してもらった教室です。

 それまでは1学年1クラスだったので、「〇年」というクラス名でしたが、昭和22年度生まれだけは
 「A組」「B組」ができました。
 新しい教室は「B組」に割り当てられ、私は「1年B組」そして進級して「2年B組」を同じ仲間と過ごし
 ました。

 敷地が高さ3メートルほどの石垣の上にあったこともあって、下の広場(ドッジボールができる程度
 の広さ)にせり出すように建てられていたのを思い出します。

 この下の広場では「技術家庭」で、オート三輪を運転する授業があり、とても楽しみでした。
 男子は「技術」、女子は「家庭」を選択するようになっていました。

 大雨の後などで、肱川が増水すると教室の下には濁流が流れていました。
 
裏の県道から
宇和川中学校裏側
 校舎の横から後ろに、半円を描くようにぐるっと走る愛媛県道32号線。
 徒歩で通う私が、登校時最初に目にするのはこの光景でした。

 宇和川中学校を思い出す時、この光景が真っ先に現れます。
 2階の右が音楽室で、教室に置かれたベートーベンの胸像と、ピアノの上にあったメトロノームが記憶
 に残っています。

 下校時、先生か生徒なのか、練習をするピアノの旋律がよく聞こえていました。
 帰って家の手伝いのある私は、帰宅を急ぎながら「音楽はいいな」と感じたのを思い出します。
 今も耳に残っているのは、 ♪春のうら〜ら〜の隅田川♪  と歌う「花」の演奏です。
 
 
花アイコン フリーソフト「Studio ftn Score Editor」で作成しました
ホームへ