挙母祭り 本町

本町メインメニュー

大車 彫刻 大幕 

絵図 御輿 地図

挙母7町1  挙母7町2

 

本町サブメニュー

懐かしの写真館

 

全国祭り仲間

リンク集

掲示板  

挙母祭り

挙母祭り日程

挙母祭りに行くには

挙母祭り年表

子供歌舞伎

立川流彫り物

大車

彫刻  

 

地図

絵図

祭礼

 

 

挙母祭りは挙母神社が子守明神と言われていた頃に始まった神事、狂言歌舞伎が始まりで。それは1354年(鎌倉前期)に中条氏が衣城を金谷に築いた頃であった。

大車の登場する前は飾り車と傘鉾であった。記録には寛永7年(西暦1630年)   飾り車5両と傘鉾(竹尾)子(南)が出たと記録されている、まだこの頃は挙母班は桜城と呼ばれていた、挙母神社の西 桜町(現NTT辺り一体)に有った。

矢作川の度々の洪水を受けながらも築城を試みたが天明2年(1782)に童子山に移った。

お城と共に現在の樹木台に本町、東町、南町が一緒に移り城下町を形成した。(今の常盤町、上挙母、樹木町)

今はこの本町、東町、南町と言う町名はなく旧本町、旧東町、旧南町と呼ばれている。

 

 

このページは山車を保存している挙母まつり旧本町の公式のホームページです。

このホームページに掲載している写真は無断使用掲載は出来ません。

このページに関するリンク,ご意見、ご質問はkazuhito@hm.aitai.ne.jp迄お願いいたします。

 

リンクの時バナーが必要でしたらこれをお使いください。

 

資料提供 本町挙母祭山車保存会、挙母祭り保存会豊田市郷土資料館